中古漁船を高値で売る方法を伝授|上手に現金化しよう

売却先選びのポイント

様々な売却先が存在する

貯金箱

中古漁船の売却を希望する場合、売却先には漁協や中古艇販売業者、マリーナなどが挙げられます。いずれも中古艇を求めている特徴があり、こういった売却先では、買い取った中古漁船に整備あるいはレストアを施して中古販売しています。買い取り査定金額は船の程度によって上下しますが、基本的には買い取ってもらえる可能性が高いです。値段が付かない状態でも無料で引き取ってくれるケースがあり、廃船手続きの手間が省けたり、その費用を軽減出来ると考えれば悪くない選択肢と言えるでしょう。中古漁船の売却先は、全国各地に存在すると言っても過言ではありません。インターネットで検索すると様々な売却先が見つかり、業者によっては電話一本で査定に訪れてくれます。ただし、売却対象となる中古漁船を保管している港から遠い場合は、回航費用や陸送費用も考慮する必要があります。近場だと何かと融通も利くため、基本的には港から近い立地の業者から順に、売却先の候補に挙げると良いでしょう。また、売却先がうまく見つからなかった場合には、港の管理者や近隣のマリーナなどに相談してみると良いです。売却先を紹介してもらえたり、場合によっては中古漁船をそのまま買い取ってくれます。この他の売却先として、個人の漁師やプレジャーボートオーナーが挙げられます。この場合は一度業者に査定見積もりを出してもらい、その金額を参考にして売却すると良いです。また、売却後のトラブルを避けるため、誓約書を取り交わしておくと安心です。

手軽に処分できます

マネー

乗らなくなった漁船の処分に困っている方は買取専門店に相談しましょう。買取専門店なら中古漁船でも高値で買取してくれます。買取は専門店のホームページから依頼できます。依頼する際には漁船の基本データが必要となるので、全長や全幅のほかエンジンの形式や馬力にくわえメーカー名や気筒数などを調べておきましょう。手元に基本データが準備できたらサイト内にあるフォームに入力します。すべての情報を入力したら漁船の全景が写っている写真も添付しましょう。これだけで簡単におおよその査定額を知ることができます。査定額に納得できた場合は正式に買取を希望しましょう。買取方法は中古漁船の保管方法によって変わります。すでに陸揚げして漁船を保管している場合はトラックで搬送することになるので、査定を受ける前にクレーンを使用できる広い場所に移動させておきましょう。港に係留している場合は専門店の船で曳航して引き取りが行われます。中古漁船を曳航する際にはほかの漁船に接触する可能性もあるので、船体の両隣にはほかの船舶を停泊させないようにしておくことが大切です。中古漁船を売却する際には譲渡手続きが必要となります。その際にはめんどうな廃船手続きも必要となりますが、書類の準備や具体的な手続きはすべて専門店が行ってくれるので安心です。中古漁船を買取専門店で売却すればリサイクル料金を支払う必要もなくなります。たとえエンジンの調子が悪くてもしっかりと買取してくれるので、新しい漁船を購入する費用に充てることもできます。

問い合わせしてみよう

財布

中古漁船や中古ヨット等は一般の買取業者とは違って専門業者があり、その専門業者が買取や販売を行っています。中古でこのような漁船やヨットが人気の理由の1つとして、部品調達があげられます。中古漁船等を購入した場合はメンテンナンスが必要ですが、年式や型式によって将来的に部品の製造が中止になる場合もあります。そのような時の為に中古漁船等を購入して、部品やエンジンを取り出しておくケースがあります。よって値段は落ちますがどんなに古くても買取をしてもらえる可能性があります。一度問い合わせをする事が大切です。業者が買取をすると次に別の人に買ってもらうまで、マリーナに停泊する費用などがかかってしまいます。そこで買取は値段を安く抑えられる傾向がありましたが、近年は業者は買いたい人と売りたい人の仲介だけをするケースが増えてきています。これを委託販売といいますが、売りたい人の船を業者がしっかりとチェックをして、保証を付けてその業者が購入者に仲介をします。購入後に問題があれば業者が保証する事になりますので、購入者は安心して購入できます。この委託販売のケースの方がマリーナに係留しておくコスト等がかかりませんので、船自体は高く売る事が可能となります。インターネットオークションなども個人間の売買になりますが、高値での取引が可能です。中古漁船等は整備済みの価格と整備されていない現状渡価格が存在します。高値で売りたい場合には整備済み価格で売却できるように日ごろからメンテナンスをきっちり行う事が大切です。

少しでも高値で売るには

マネー

中古漁船は下取りに出すより買取にしたほうがお得です。その場合陸送運賃の安い業者を選ぶことも大切です。また高額で売りたいなら委託販売をすることもできます。この場合は業者が広告を出して購入者を探してくれます。中古漁船は低予算でグレードの高いものが手に入るので人気となっています。

もっと読む

漁船を安く買う方法

船

漁師さんや趣味が海釣りの人が、個人で漁船を所有するため、中古漁船を購入するケースが増えています。中古漁船の購入方法は、メーカー系列の販売業者や仲介業者から購入出来ます。購入価格の相場は、5トン未満で200〜1000万円程度です。

もっと読む

売却先選びのポイント

貯金箱

中古漁船の売却先には、中古艇販売業者やマリーナなどが挙げられます。売却を希望する場合は、まずはインターネットで検索したり、近隣の関連施設に掛け合ってみると良いでしょう。また、個人の漁師やプレジャーボートオーナーなども対象となります。

もっと読む