中古漁船を高値で売る方法を伝授|上手に現金化しよう

少しでも高値で売るには

委託販売にすることも可能

マネー

買い替えなどで中古漁船を下取りに出す場合がありますが、まずは買取出来るかどうかを調べることが大切です。状態の良い中古漁船なら、買取の方が高額になることが多いからです。買取業者に申し込めば、都合の良い日時に出張査定に来てくれます。出張査定は基本的に走行可能な中古漁船が対象となります。査定で気をつけなければいけないのが、中古漁船の陸送運賃です。買取価格が高くても売却した中古漁船の陸送運賃が高額な場合もあるので、買取を依頼する場合は、陸送運賃の安いところを選ぶことも大切なのです。また名義変更の手続き費用も無料や有料の業者があるので確認することが大切です。買取業者の中には委託販売をするところもあります。これは業者が中古漁船の広告を出して購入者を探してくれるシステムです。委託販売は出来るだけ高い金額で売りたい場合に最適なシステムで、この場合売買が成立したら業者に手数料を支払います。また業者によっては広告料が有料となる場合もあるなど、買取と委託販売はそれぞれにメリットがあるので、悩んだら業者に相談して決めることをおすすめします。中古漁船は、新品よりも安く購入できるのが大きな魅力となっています。それにメーカーの純正オプションなどが装備されていることが多く、これらの経費を節約することもできます。年式などにこだわらなければ低予算でグレードの高い漁船を手に入れることもできるのです。人気のメーカーの漁船は中古でも高額買取になることが多くなっています。

現状渡しと整備済み

財布

漁業を営む場合や趣味で海釣りなどを楽しむ場合には、魚を釣る目的に適した構造を持つ漁船の購入が欠かせません。一般に漁船を新艇で購入するには高額の費用を必要としますが、中古艇を販売している業者を利用すればリーズナブルな価格で中古漁船が購入できます。販売店によっては100万円前後という低価格の中古漁船も多く見られるため、中古車を購入するのと同様の感覚で利用できるのです。このような中古艇販売店には大きく分けてメーカー系列の販売業者以外に、船舶保管業・修理業者や委託・仲介専門業者などがあります。最近では中古艇販売応援サイトも登場しており、インターネットを使って手軽に中古漁船が検索できるようになりました。中古艇販売応援サイトは中古艇の購入希望者と販売店とのマッチングを行っているサイトで、実際の購入は販売店を通じて手続きを進めることになります。ネットオークションでも中古漁船がしばしば出品されており、中には破格値で売買される例も見受けられますが、個人間の取引となるため一定のリスクは伴うものです。中古漁船を一般の販売業者や委託・仲介業者を通じて購入する際には、現状渡しと整備済みという2つの販売形態があることを知っておくといいでしょう。現状渡し価格では整備済み価格より安値で購入できる例が大半ですが、中古漁船はエンジンや船艇・推進機関などが経年劣化で傷んでいるケースも少なくありません。現状渡しで購入した場合は、漁船として使用できるようにするまでに高額な修理費用をかける必要が出てくることも考えられるのです。その点で整備済みは現状渡しより価格が高めに設定されていても、販売業者の側で修理が行われ一定の保証も付加されているケースが一般的です。中古漁船の購入を検討する際には以上の点を販売店によく確認し、メーカー名やモデル名・エンジン型式・年式・定員などの情報と価格を照らし合わせた上で選ぶといいでしょう。

高価アップの秘訣

ウーマン

漁船に限らず、船は非常に高価な買い物です。漁船の場合は、数百〜数千万円ほどすることもあります。漁業を行うときに漁船は必須ですが、高価なため購入にはかなりの金額が必要になります。費用に余裕がないときや、免許取り立てでとりあえず間に合わせで購入したい場合は、中古漁船がおすすめです。中古漁船でも数百万円はしますが、それでも新品に比べればかなり割安です。同じ値段でも、より上級グレードを選べたり、すぐに乗船できるようなオプションがついた状態で入手できたりします。また、所有している漁船が不要になったのなら、買取してもらうのがおすすめです。中古漁船の処分は費用がかなりかかりますが、買取ならば持ち出し金を無くせるだけでなく、収入を得ることができ、次の漁船を買うときの元手にすることができます。中古漁船の売買をしたいのならば、専門業者に依頼すべきでしょう。専門業者ならば再販ルートもあり、査定もきちんとしてもらえますし、買うときも様々な種類から選ぶことができます。比較的自由に動かせる車と違い、船は簡単に動かせないため、出張査定料金がかからない業者がおすすめです。買取の際、しておくべき準備は、書類を揃えておくことと、動くようにメンテナンスしておくことです。漁船は高い買いものなので、いずれ買取してもらうことも考えて、日頃からきちんとメンテナンスをしておきましょう。日頃からのメンテナンスが買取価格を大きく左右します。

少しでも高値で売るには

マネー

中古漁船は下取りに出すより買取にしたほうがお得です。その場合陸送運賃の安い業者を選ぶことも大切です。また高額で売りたいなら委託販売をすることもできます。この場合は業者が広告を出して購入者を探してくれます。中古漁船は低予算でグレードの高いものが手に入るので人気となっています。

もっと読む

漁船を安く買う方法

船

漁師さんや趣味が海釣りの人が、個人で漁船を所有するため、中古漁船を購入するケースが増えています。中古漁船の購入方法は、メーカー系列の販売業者や仲介業者から購入出来ます。購入価格の相場は、5トン未満で200〜1000万円程度です。

もっと読む

売却先選びのポイント

貯金箱

中古漁船の売却先には、中古艇販売業者やマリーナなどが挙げられます。売却を希望する場合は、まずはインターネットで検索したり、近隣の関連施設に掛け合ってみると良いでしょう。また、個人の漁師やプレジャーボートオーナーなども対象となります。

もっと読む